よつびし総研の概要


◇概要

四菱まちづくり総合研究室(以下、よつびし総研)は、2007年4月に開所したまちなか研究室です。山梨県立大学の学生が中心となって、甲府のまちが元気になるように、暮らしやすいまちになるように、みんなに愛されるまちを目指してまちづくりを実践しています。事務所は、地元企業などの支援を受け、甲府の商店街の空き店舗を借りて運営しています。

☆2010年4月から、よつびし総研の事務所が銀座通りから、オリオン通りのセイビドー(眼鏡店)の3階に移転しました。

●事務所の地図●



◇組織

よつびし総研は本陣(事務局)と4つの軍団(事業部門)で構成されています。本陣(事務局)は、お屋形(代表)、軍師(事務局長)、勘定奉行(会計担当)、各軍団長(各部門リーダー)、そして年寄衆(教員顧問団)というメンバーで構成されています。4つの軍団(事業部門)は「風・林・火・山」で、各々がコンセプトを持って活動しています。

風は、商店街で行われる様々まちづくり活動のコーディネイト
林は、催し物の企画・運営火は、中心街における学生の活動情報やイベント情報の発信
火は、中心街における学生の活動情報やイベント情報の発信
山は、学生が独自の視点から調査・研究活動をしています。



◇活動方針

これからのよつびし総研は次の3つの方針に基づいて活動をしていきます。

第一は「脱イベント屋」という方針です。イベントを全否定するわけではありませんが、中心街にとっても、そこに住む人たちにとっても、そして学生自身にとっても意味のある、後々に繋がる活動を厳選していきたいと思います。
第二は、以上の点を踏まえて、「調査研究活動中心」という方針です。
2009年度に行った「まち友無尽」を今後も継続し、行政・大学・商工会議所・商店街・学生という五者の連携をとっていこうと思います。また、「商店主ヒアリング」や、女子学生が中心街のお店を四つ菱◇◇◇◇で評価する「ビシランガイド」も継続して行うとともに、外部への発信も強化していきたいと思います。
第三は、よつびし総研の名に恥じないような「まちのシンクタンク」を目指したいと考えています。



homeに戻る

inserted by FC2 system